iPad Air の WiFi スループット

iPad Air から WiFi が MIMO 対応になり、スペック上は従来モデルより大幅に通信速度が向上しています。今回は iPerf を使い実際の通信速度を測定してみました。

測定環境

アクセスポイントは BUFFALO の WZR-600DHP。11n/a (5GHz)  で 300Mbps、11n/g (2.4GHz) で300Mbps の同時仕様が可能な仕様。 ルーター機能を OFF にし、ブリッジモードで使用します。

iPerf サーバーは Windows 8 + Java + JPerf 2.0.2。 Jperf は iPerf の GUI 版で Java 上で動作します。

iPad Air 用のクライアントは iPerf2 (有料) 。 現状 iOS で使える iPerf クライアントはこのアプリしかないようです。

iPerf2 App
カテゴリ: [ユーティリティ]
価格: ¥450

サーバーは有線接続。クライアントとアクセスポイントの距離は約3m、障害物としてラックの木製扉がある状態です。

 測定結果

参考までに以前測定した結果も一緒にまとめておきます。

wifi_speed

11n/g は iPad mini の約2倍で、期待通りの結果。

11n/a は iPad mini の約1.6倍とイマイチの結果になりました。予想では iPad mini と MacBook Air の値から 130Mbps 程度を予想していたのですが・・・・・。

150Mbps の Nexus7 (2013) と同程度の値なので、リンク速度が 150Mbps で接続されている可能性も若干考えられます。(iOS は実際のリンク速度を見ることが出来ないため、不明」です。 JailBreak せずにリンク速度を見る方法をご存じの方は教えてください)

WiFi の測定値は環境に大きく左右されますので、この結果はあくまでも参考程度にしてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中