[iOS] TV 番組をリアルタイムで見る

iPad / iPhone で TV 番組をリアルタイムで見る方法です。

実現するには SONY のネットワークレコーダー「nasne」を利用します。nasne は本来 TV 番組を録画するレコーダーですが、ライブチューナーという機能が搭載されており、TV 番組(地上デジタル/BS/110度CSデジタル)をストリーミングすることが出来ます。

nasne のストリーミングを iOS で再生するには、アプリの「Media Link Player for DTV」(有料 ¥900)を使用します。同様なアプリに「Twonky Beam」(有料 ¥700)がありますが、こちらは UI にクセがある上、若干安定性に難があるため Media Link Player for DTV をオススメします。

Media Link Player for DTV App
カテゴリ: [エンターテインメント]
価格: ¥900

Media Link Player for DTV – ALPHA SYSTEMS INC.

Media Link Player for DTV の設定は一切不要。起動すると最初に [サーバー一覧] が表示されます。

[nasne] → [ビデオ] とタップすると、下記の画面が表示されますので [ライブチューナー] をタップします。

IMG_0045

[地デジ] [BS] [110CS] の選択画面をタップ。

IMG_0046

番組一覧が表示されるので、見たい番組をタップすると再生が始まります。

IMG_0047

TV と違い手順が多いのが難点ですね(^^;チャンネル変更もいったん一覧に戻って選択する必要があり、少し面倒です。

もちろん TV だけではなく、nasne に録画した番組も見られます。というかこっちが本来の使い方。

我が家ではiPad を PC デスクの上方から吊って、「ながら見」に活躍してます(^^

余った iPad の有効利用 #2 ~ TV 編

余った iPad の有効利用 #2 ~ TV 編

余った2台の iPad のうち1台は寝室の時計&カレンダー用にしましたが、もう1台の用途がなかなか思いつかず・・・ 考えた結果、仕事部屋のサブ TV として使うことにしました。

まず iPad の固定のために用意したのが、クランプ付きの iPad スタンド「STHS4 (WEB限定モデル)」。

デスク上の壁面収納棚に吊るようにしてセットしてみました。スタンドはかなり剛性感のあるしっかりした作りで良い感じ。ただホームボタンを押すと、横に回転してしまい押せないのがイマイチな部分です。回転がロックできるような作りになっていれば文句ナシだったのですが(^^;

ホームボタンの代わりにゼスチャー(4本指ピンチイン)が使用できるので、まあ OK ですが。

DSC02103

次に iPad で TV を見る仕組みですが、SONY のネットワークレコーダー「nasne」と アプリ「Media Link Player for DTV」で実現します。この部分は別記事にて詳しく説明したいと思います。

[iOS] TV 番組をリアルタイムで見る

昨日から設置して使っていますが、PC を使いながらニュース番組などを見る「ながら見」には最適。TV 以外にも YouTube のヒーリングビデオや MUSCI ビデオを流したりと、今後も重宝すること間違いナシです。

DSC02102

ワイヤレス充電スタンド(Qi準拠)

サンワサプライから発売されている「Qi」準拠のワイヤレス充電スタンド「WLC-STN11」を購入しました。

→ http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=WLC-STN11BK

DSC02077

買ってみようという気になったポイントは、パッケージにも書いてある「Nexus 7 対応」という点。(2013年モデルから Nexus 7 は Qi 対応となっています)

早速試してみました。横置きでセットすると普通に充電されます。縦置きでも物理的には置けますが、充電は出来ませんでした。

DSC02076

ただしメーカーの WEB にも書いてあるのですが、充電が完了してもスタンドの充電中を表す LED は消灯しません。ちなみに Panasonic の バッテリー「QE-PL201」で試したところ、満充電でちゃんと消灯しました。

DSC02084

気になるのは充電時間。この製品の出力は 5W。Nexus 7 付属の AC アダプタは 6.75W なので、USB 充電に比べ 1.35 倍 くらい時間がかかることが予想されます。また後日に検証してみようと思います。

スマートウォッチ

ここのところスマートウォッチが話題になっていますね。SONY からは「SmartWatch 2 SW2」、Samsung からは「Galaxy Gear」が発売され、Google も数ヶ月後に発売か?と噂になっています。

スマートウォッチは今までに何度か発売されているのですが、その度に不発に終わってきた過去があります(^^; 今回は果たして・・・

 

Sumsung Galaxy Gear

画像

Galaxy Gear はカメラ、ボイス機能が特徴的。実用的に使えそうで、興味をそそられる機能です。

カメラはストラップに内蔵され、画面を見ながら撮影可能。移動中などに訪れる瞬間的な撮影チャンスを逃しませんね。メモ用途にも便利そうです。盗撮にも使えてしまいそうですが、消すことの出来ない大きなシャッター音でそれを防止しているようです。

画像

ボイス機能はアイデアを思いついた時のメモ代わりに。5分間しか録音出来ないので、打ち合わせなどには使えなさそうです。もう少し長く録音出来れば実用性が大幅に上がりそうなだけに残念ですね。

時計画面をある程度カスタマイズ出来るのも、なにげにポイント高いです。いっそのことフルカスタマイズ可能にすれば良かったのに。

人柱になろうとほとんど購入を決意しかけたのですが、決定的な欠点が。それは連携出来るスマホが Galaxy シリーズのみということ。Android スマホであれば普通に連携可能と思い込んでいただけに、不意を突かれた気分です。今時このような囲い込み戦略は古いと思うのですが・・・(^^;

さらにバッテリーが公称25時間しか持たないという問題も。充電もクレードルが必須で、急な電池切れに対応出来ませんし、出張時の荷物が増え不便(忘れたら最悪)。普通に MicroUSB 端子を本体に付けておけばいいと思うのですが。 

SONY SmartWatch 2 SW2

画像

こちらは Galaxy Gear のような、カメラ・ボイス機能はありません。あくまでもスマホからの通知がメインで、機能的にはそそられる部分がありません。

こちらは Xperia 専用というワケではなく、他社の Android スマホでも接続可能です。

バッテリーは公称3~4日。「時計」としてはお話になりませんが、Galaxy Gear よりはまだマシと言えます。もう少しがんばって1週間くらいは持って欲しいところ。充電は本体側面の MicroUSB 端子から行えます。

結論

結局どちらも購入するまでには至らず。2社の良いところを合わせたモノがあれば最高なんですが。Google のスマートウォッチに期待です。