iPad Air の WiFi スループット

iPad Air から WiFi が MIMO 対応になり、スペック上は従来モデルより大幅に通信速度が向上しています。今回は iPerf を使い実際の通信速度を測定してみました。

測定環境

アクセスポイントは BUFFALO の WZR-600DHP。11n/a (5GHz)  で 300Mbps、11n/g (2.4GHz) で300Mbps の同時仕様が可能な仕様。 ルーター機能を OFF にし、ブリッジモードで使用します。

iPerf サーバーは Windows 8 + Java + JPerf 2.0.2。 Jperf は iPerf の GUI 版で Java 上で動作します。

iPad Air 用のクライアントは iPerf2 (有料) 。 現状 iOS で使える iPerf クライアントはこのアプリしかないようです。

iPerf2 App
カテゴリ: [ユーティリティ]
価格: ¥450

サーバーは有線接続。クライアントとアクセスポイントの距離は約3m、障害物としてラックの木製扉がある状態です。

 測定結果

参考までに以前測定した結果も一緒にまとめておきます。

wifi_speed

11n/g は iPad mini の約2倍で、期待通りの結果。

11n/a は iPad mini の約1.6倍とイマイチの結果になりました。予想では iPad mini と MacBook Air の値から 130Mbps 程度を予想していたのですが・・・・・。

150Mbps の Nexus7 (2013) と同程度の値なので、リンク速度が 150Mbps で接続されている可能性も若干考えられます。(iOS は実際のリンク速度を見ることが出来ないため、不明」です。 JailBreak せずにリンク速度を見る方法をご存じの方は教えてください)

WiFi の測定値は環境に大きく左右されますので、この結果はあくまでも参考程度にしてください。

[iOS] TV 番組をリアルタイムで見る

iPad / iPhone で TV 番組をリアルタイムで見る方法です。

実現するには SONY のネットワークレコーダー「nasne」を利用します。nasne は本来 TV 番組を録画するレコーダーですが、ライブチューナーという機能が搭載されており、TV 番組(地上デジタル/BS/110度CSデジタル)をストリーミングすることが出来ます。

nasne のストリーミングを iOS で再生するには、アプリの「Media Link Player for DTV」(有料 ¥900)を使用します。同様なアプリに「Twonky Beam」(有料 ¥700)がありますが、こちらは UI にクセがある上、若干安定性に難があるため Media Link Player for DTV をオススメします。

Media Link Player for DTV App
カテゴリ: [エンターテインメント]
価格: ¥900

Media Link Player for DTV – ALPHA SYSTEMS INC.

Media Link Player for DTV の設定は一切不要。起動すると最初に [サーバー一覧] が表示されます。

[nasne] → [ビデオ] とタップすると、下記の画面が表示されますので [ライブチューナー] をタップします。

IMG_0045

[地デジ] [BS] [110CS] の選択画面をタップ。

IMG_0046

番組一覧が表示されるので、見たい番組をタップすると再生が始まります。

IMG_0047

TV と違い手順が多いのが難点ですね(^^;チャンネル変更もいったん一覧に戻って選択する必要があり、少し面倒です。

もちろん TV だけではなく、nasne に録画した番組も見られます。というかこっちが本来の使い方。

我が家ではiPad を PC デスクの上方から吊って、「ながら見」に活躍してます(^^

余った iPad の有効利用 #2 ~ TV 編

余った iPad の有効利用 #2 ~ TV 編

余った2台の iPad のうち1台は寝室の時計&カレンダー用にしましたが、もう1台の用途がなかなか思いつかず・・・ 考えた結果、仕事部屋のサブ TV として使うことにしました。

まず iPad の固定のために用意したのが、クランプ付きの iPad スタンド「STHS4 (WEB限定モデル)」。

デスク上の壁面収納棚に吊るようにしてセットしてみました。スタンドはかなり剛性感のあるしっかりした作りで良い感じ。ただホームボタンを押すと、横に回転してしまい押せないのがイマイチな部分です。回転がロックできるような作りになっていれば文句ナシだったのですが(^^;

ホームボタンの代わりにゼスチャー(4本指ピンチイン)が使用できるので、まあ OK ですが。

DSC02103

次に iPad で TV を見る仕組みですが、SONY のネットワークレコーダー「nasne」と アプリ「Media Link Player for DTV」で実現します。この部分は別記事にて詳しく説明したいと思います。

[iOS] TV 番組をリアルタイムで見る

昨日から設置して使っていますが、PC を使いながらニュース番組などを見る「ながら見」には最適。TV 以外にも YouTube のヒーリングビデオや MUSCI ビデオを流したりと、今後も重宝すること間違いナシです。

DSC02102

余った iPad の有効利用 #1 ~ 時計 & カレンダー編

現在我が家には全然使っていない iPad が 2台 (初代、3rd) あります。もったいないので、なんとか活用すべくいろいろ考えた結果、寝室用の時計&情報端末とすることにしました。

常設使用するには充電ドックが必須。いろいろ探した結果 Apple 純正が Amazon で ¥980 で投げ売りされていたので、迷わずゲット。

時計アプリは評価の高い「LCD Clock HD」に決定。シンプルでセンスあるデザインとカレンダー・アラーム機能が付いていて自分の用途にピッタリです。また作者の説明にもあるようにドックに立て充電しながらの使用を想定しているようです。

IMG_0004

その他にインストールしたアプリは以下の通り。

IMG_0005

起きてから天気をチェックするのに「そら案内」。デザインもキレイで見やすい表示が良い感じです。

ニュースチェックに「SmartNews」。画像付きで雑誌的な表示が読みやすいです。

ベッドサイドということで、あれば便利な懐中電灯代わりにそのままの名前の「懐中電灯」。操作がシンプルで余計な機能がないのがイイです。

画面の明るさを変更する「明るさ」。設定からイチイチ変更するのは手間なので専用アプリを使います。 (初代 iPad は iOS5 まで。コントロールセンターがないので)

最後は Apple 純正の「Remoto」。ベッドサイドに置いた AirPlay 対応のコンポで NAS に貯め込んだ CD を再生するためのリモコンです。

とりあえず、使ってみてなかなか良い感じ。こういう用途ならストレージもCPUパワーも必要としないので、初代 iPad でも十分です。

DSC_1686

[iOS] PC に保存している動画をストリーミング再生する #2 インターネット経由編

前回「[iOS] PC に保存している動画をストリーミング再生する #1」の続き。

今回は外出先からストリーミング再生する方法の説明です。

Air Video を場合、ポートを開放する等の難しい設定は一切ナシ。設定画面の [Enable access from Internet] のチェックを ON にするだけ。外出先で使用するクライアント機器で一度 LAN 内からアクセスしていれば、[Server Pin] をメモする必要もありません。

SnapCrab_Air Video Server HD Preferences_2013-10-31_20-49-57_No-00

 

これで家の PC に保存した動画全てをいつでも外出先の iPhone / iPad から見ることが出来ます。端末のストレージ容量も気にする必要もなく超絶便利です (^^

 

[iOS] PC に保存している動画をストリーミング再生する #1

PC (Windows / Mac) に保存している動画を WiFi または インターネット経由を経由し、 iPad / iPhone で再生する方法です。これで容量が限られた iPad / iPhone に動画を詰め込む必要はなくなります。

このような素晴らしい環境を実現してくれるのが、Method s.r.o. の「Air Video HD」 (旧 Air Video) です。PC 側のサーバーアプリ (無料) と iPhone / iPad のクライアントアプリ (有料:¥300) のセットで動作します。 (旧 Air Video にあったフリー版はなくなったようです)

PC 側の準備

動画を保存してある PC は Windows と Mac どちらでも OK ですが、とりあえず Windows で説明します。

Method s.r.o. のサイトから「Air Video Server HD」をダウンロード&インストールします。

 http://www.inmethod.com/

次に設定画面を開き、[Add]  をクリックし、動画の保存先フォルダを指定します。 (NAS でも OK)

画像

他の設定はデフォルトのままで OK。以上でサーバーの設定は完了です。

iPhone / iPad 側の準備と再生

App Store から 「Air Server HD」をインストールします。

https://itunes.apple.com/jp/app/air-video-hd/id668354926?mt=8

起動すると自動的にサーバー名が表示されます。

IMG_0020

サーバー名をクリックすると動画のサムネイルが表示。そのサムネイルをクリックすることで、再生(またはダウンロード)することが可能です。

インターネット経由での再生も

ここまでなら他のアプリでも可能ですが、Air Video のスゴイところは外出先からもインターネット経由で自宅の動画を再生できるところ!

次回はその方法を説明します。

[iOS] PC との間で画像ファイルを送受信する

iPhone / iPad と PC (Windows) 間の間で画像ファイルをやりとりするには、いろいろな方法がありますが、iCloud を使うのが一番簡単でシンプルです。

インスト-ルと設定

下記の Apple のサイトから 「Windows 用 iCloud コントロールパネル 3.0」をダウンロードしインストールします。

http://support.apple.com/kb/DL1455?viewlocale=ja_JP

タスクトレイの iCloud アイコンを右クリックし、 [iCloud コントロール パネルを開く] をクリック。

[写真] にチェックが入っていることを確認します。

SnapCrab_iCloud_2013-10-30_4-38-10_No-00

これで準備は OK。

iPhone / iPad から PC へファイルを送る

iOS デバイスにある画像は自動的に PC の下記フォルダにコピーされています。

[ピクチャ] [Photo Stream] [自分のフォトストリーム]

 

PC から iPhone / iPad へファイルを送る

下記フォルダへファイルを保存します。

[ピクチャ] [Photo Stream] [アップロード]

すると自動的に iOS デバイスにコピーされます。